このサイトでは初めてでもすぐに理解できる、リノベーションの豆知識を紹介しています。
これから建物の大規模改修を考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
大規模改修をする際には、まずライフステージやライフプランをしっかり見極め計画を立てることをおすすめします。
また大規模改修では水回りが最も重要となり、ここにお金をかけるべきといわれています。

初めてでもすぐに理解できる!リノベーションの豆知識を紹介!

初めてでもすぐに理解できる!リノベーションの豆知識を紹介! リノベーションに興味があるけれど、初めてのためよく分からないことが多いという人もいるのではないでしょうか。
そのような時に知っておきたい豆知識としては、リノベーションは新築を購入するよりも安く新築のような家を手に入れることが出来るということが挙げられます。
しかし古くなってしまっている建物の場合、設備や資材が劣化していることもあるので注意が必要です。
場合によってはリノベーション工事をする前に、設備の劣化や耐久性も確認しておくことをおすすめします。
またコンセントの位置は、実際に住んだ時のことを考えて決めるのがおすすめです。
あまり必要がないとお思われるかも知れませんが、実際に住んでから付けておけば良かったと後悔しないように計画するのが大切です。

リノベーションを成功させるための計画のポイント

リノベーションを成功させるための計画のポイント リノベーションは本来の住宅を長く住むことを目的として行われます。
外観などデザイン的なことだけでなく、設備や間取りなども考え機能面でも暮らしやすい空間を目指します。
リノベーションをするにあたって大切になるのが計画です。
プランニングとも言われる計画では、設備や間取りを決めることであり、現在の住宅を大幅に変えるにはどうしても間取りを変更させなくてはなりません。
どこの部屋を広めにするのか、それにあたってコンセントの位置はどこにするのかなど細かな計画を立てることが必要となり、一つ一つじっくりと考えることが大切です。
また理想を追いすぎてしまうと費用がかさむことが多く、結果どこかを省かなくてはなりません。
予算内におさめるためには、必要なものはどれかを考え優先順位をつけて決断をしていくようになります。
時間は限られているので、要望を整理するのがポイントであり、実際にどのようにしたらよいかを書き出すと考えがまとまってきます。
さらに絶対譲れないものはなにか、など優先順位を明確にすることもポイントとなります。
この優先順位は家族の中であっても違うことが多いので、一人一人に譲れないものはないかを聞き出し、意見をすり合わせることが大切です。

家の資産価値を上げるためのリノベーション

リノベーションは建物の全てを自由に変更できるため、日本でも注目を集めています。都市部では土地の価格が高くて条件に合う物件を探すのが困難ですが、中古の住宅なら新築物件よりも安く買えます。
中古物件を購入してリノベーションを行えば、注文住宅のように理想の住まいが手に入ります。新築住宅の場合は時間が経つと資産価値が下がりますが、中古物件の場合は資産価値の下落リスクを抑えられます。古い住宅だと、耐震性能や断熱性能を高める工事が必要になるケースがあります。
日本は地震が多いため、住宅の耐震性能は購入時の重要なポイントです。マンションのリノベーションは、専有部分でも事前の申請が必要になります。管理組合に必要な資料や書類を提出して、承認を貰ってから工事を始めます。リノベーション工事の場合は住宅ローンが適用できないため、ローンを利用したい場合は注意が必要です。図面が残っていない古い物件だと、解体後に追加工事が発生する可能性があります。

マンションのリノベーションで住み心地の良い住まいへ

暮らしているマンションへの不満や、なかなか希望する中古マンションが見付からない時などには、リノベーションを検討してみるのが良いかもしれません。
住まいを一新する方法としてリフォームがありますが、リノベーションは大きく付加価値を与えられる点に特徴があります。単に部屋を新築同様に戻すリフォームと異なり、間取りを大きく変更したりコンセプトを持たせたりすることができるのがリノベーションの良さです。まるで違った空間づくりを行え、気分も新たに生まれ変わった部屋での生活をスタートすることができます。費用面にもメリットがあり、新築物件を購入するよりもリーズナブルに済ませることが可能です。安く中古物件を購入し、リノベーションに費用をかけるというオーナーも少なくありません。なお、集合住宅の場合は物件ごとの管理規約に注意する必要があります。どのような工事が行えるのか、事前にリサーチを行いトラブルを防ぐ心掛けも必要と言えます。

リノベーションに必要な費用を住宅ローンで借りる

リノベーションを行う際に利用できるのは、基本的にはリフォームローンです。ですが、中古住宅と購入する際にリノベーションを行うことで住宅ローンを利用できるようになります。
住宅購入にかかる費用とリノベーション費用を合わせて組んだものは一体型ローンとも呼ばれます。リフォームローンは審査に通りやすく、担保が不要なケースもあるといったメリットがありますが、金利が高いのがデメリットです。対して住宅ローンは審査が厳しい反面、金利が低いメリットがあります。一体型で借り入れることで金利が低く抑えられ、返済額も安く済むのは大きなメリットです。
一体型で借り入れる際には、審査のために工事の見積もりが必要なことに注意しましょう。良い物件を見つけてから業者を探し、プランを考えている内に売れてしまう可能性があるからです。スケジュールに余裕が少なく、リノベーション業者とプランについて相談しておき、不動産業者とも連携していくことが求められます。

安全を担保してリノベーションの依頼をしないと安心できない

リノベーションの相談を行うときには、将来のことを考えて安全を担保しなくてはいけません。これは、作業を行うときだけではなく欠陥などが存在しないかどうかということを確認する上でも非常に重要なポイントであるといえます。
リノベーションやリフォームというのは、実際の建設とは異なって行うものです。例えば、建設作業というのは文字通り建設業の資格を有した人たちが作業を行わなくてはいけませんが、リノベーションやリフォームというのは形を変えればそのような資格がなくても行うことができる利点が存在します。完全に姿形を変化させるわけではなく、効率的に行っていくためそこには保証がない場合もあります。こういった安全面の担保ができていないような場合には、将来的なトラブルに発展してしまう可能性がありますので予め契約書で確認しておくことが非常に重要になります。事前に確認をしておけば、将来的にも安心できるくらしを実現できます。

工務店にリノベーションを任せる場合のポイントは

世の中にはたくさんの方ではありますが、注文住宅を建築するとなれば比較的近い場所を選ぶのが基本となります。工務店を選ぶ場合にはいくつかのことを知っておかなければいけませんが、リノベーションをするならばそれが得意かどうかも確認しておくことが必要です。基本的に、工務店といえどもすべてのところでそのようなことができるわけではありません。例えば、新築住宅を専門的に行っているところなどはありますが、それ以外のことが得意でない可能性もあるわけです。あるいはリフォームを専門的に行っているところもあるかもしれませんリフォームを専門的に行っているところは、一見して似ているようですがそれが得意でない可能性もあるわけです。このように、得意かどうか決めることがとても大事になるでしょう。
リノベーションが得意なのかあるいは、どれだけ多くの実績を持っているかはその会社のホームページを見ると分かるようになります。まずはホームページで確認をすることが大事になるわけです。

リノベーションの参考サイト

福岡 リノベーション